はっぴーの保育

野外保育健康な身体子ども同士のかかわり地域の人とのかかわり食べること

野外保育

館山市や南房総市周辺の里山や公園が遊び場所です。季節によって、場所によって、子どもが出会う草花や虫は違います。天気も毎日同じではありません。
雨降りの日はカッパを着て、寒い日は重ね着して遊びます。暑い夏の日は水遊びや海に出かけます。気象や遊び場所の環境など、広い意味での”自然の中"が保育の場所です。
毎日違う表情を見せる自然は、子どもたちにとってワクワクする遊び場です。既成のおもちゃはありません。遊び道具を自然の中から探し、見つけ、自分で考えて創造しながら遊びます。
季節を感じ自然の中で自由に遊ぶことで、五感が磨かれます。
自然の中には危険も潜んでいます。体験をとおして学ぶこともありますが、危険にさらすということではありません。大雨・強風・雷・霧・猛暑の時は、無理をしないで建物の中や屋根の下で過ごします。

健康な身体

変化のある自然の地形が遊び場です。そこで遊ぶには、いろいろな運動能力やバランス感覚が必要になります。野外での遊びは、いつの間にか足腰が鍛えられ、歩く・走る・登る・降りるといった動きから、基本的な運動能力が身につきます。

子ども同士のかかわり

子どもたちがいっしょに過ごすなかで、子ども同士のかかわりが生まれます。遊びをとおして、喜びや楽しみを共感したり、自分とは違う感情や意見を持つ相手がいたりすることを知ります。自分の思うとおりならない困難に出会ったとき、自分の力で心の葛藤を乗りこえることがとても大切です。子ども同士のかかわりあいは、人間関係を学び、社会性を育むうえでとても大切なことです。

地域の人とのかかわり

田んぼや畑で仕事している人や、道で出会う人と、あいさつを交わしたりお話したりします。地域の人との出会いを大切にすることで、その地域の方々に親しみを持ち、人とかかわることの喜びを感じます。地域のの行事などにも参加し、地域の人とのかかわりの中から社会性を育みます。

食べること

昼食は「おにぎり」持参です。おにぎりは優れた日本の食文化です。家族の手で握られた「おにぎり」を、自分の手で食べます。食べ物への感謝の気持ちを持ち、手についた米粒も残さず食べます。また、田植えや稲刈り、芋掘り、調理などを体験し、自然の恵みに感謝する気持ちを育みます。